快適な眠りを手に入れる低反発マットの選び方

低反発マットは日々の睡眠をより良くしてくれるグッズです。快適な眠りを手に入れるためには、商品をよく吟味する必要があります。

買う前に知っておきたい!!メリットとデメリット

マットに包み込まれている感覚がして寝心地が良くなるという点が一番の利点でしょう。寝返りの回数が少なくなり身体への負担が軽くなることで疲れも取れやすくなります。他にも、横向きに寝る方にたまに起こる、手足に体圧がかかることによるしびれが解消されるようです。

ただし、欠点もあります。素材の性質上どうしても通気性が悪くなり、梅雨や夏に寝苦しくなります。また、耐久性が悪く、製品の寿命を伸ばすためには定期的なメンテナンスが必要になります。身体に合わないと腰痛の原因になるようです。

良い製品である条件を知って選ぶ目安にしましょう

1)適度な反発力があるもの
マットを手で押した時に、しっかりと元の形に戻るものをチョイスしましょう。質の悪いものだと、変形した後そのままということがあるようです。これは、寝返りをうった時に身体にフィットしなくなり、寝心地が悪くなる原因になります。

2)性能が持続するものを使いましょう
低反発マットは反発力が命であるにも関わらず、普通のものと比べて寿命が短いという弱点があります。ものによっては数十回の睡眠で素材がダメになることがあるようです。

初めてでも安心な実際の探し方

1)レビューや口コミを見る
インターネットで検索すると、ユーザーの正直な感想を見ることができます。メーカーが記載しないような使用感やデメリットも読めますので、必ず参考になるはずです。

2)保証書が付いている
商品の寿命はなかなか判断しにくいものです。しかし、「3年保証」と謳っているものがあれば、「その期間は問題なく使える」という目安になります。

3)実際に寝てみる
最終的には、自分の身体で確かめてみることがもっとも重要です。店舗以外でも、お試しコースということで自宅で寝心地を確認できるものもあります。

今よりも快適な睡眠を得たい方は、ぜひとも低反発マットを買いましょう。しっかりと吟味して良い製品を買えば、毎晩がとても楽しみに思えるはずです。

喘息や肺炎の方にお勧めする空気清浄器の4つの選び方

リビングにぜひとも1台置いておきたいものが空気清浄機です。喘息や肺炎などの循環器系の疾患を持つ方だけでなく、幅広い方に役立つ製品です。

以下の内容を参考に機器を選びましょう

1)機能
体質や生活習慣によっては、花粉やタバコに対応しているかは重要な要素でしょう。健康への影響がとくにあるとされているPM2.5も見逃せないポイントです。最近では加湿や脱臭もかねている商品も多く販売されており、1台で複数の役割をこなせます。出かける前や寝る前に使いたいという方は、ぜひともタイマーの付いたものをチョイスしましょう。

2)運転音
dbという単位で表現されます。この値が小さいほど音が静かということになります。
ファン式の製品は運転中の音が大きく、イオン式のものは小さいという傾向があるようです。

3)適用床面積
製品が十分な性能を発揮し、空気の汚れを約30分でキレイにできる部屋の広さを指します。機器によってそれぞれ適した部屋の広さが異なり、性能の良いものでも大きい部屋に使うと効果が発揮できなくなってしまいます。買う前にしっかりと測るようにしましょう。

4)フィルターの寿命
使い続けると浄化する能力がダウンしてしまうため、買い換える必要があります。コストパフォーマンスにもつながるポイントですので、経済的な面を考慮するなら単に価格だけで判断しないよう注意が必要です。また、製品によってはフィルターを水洗いできるものもあります。

エアコンや扇風機といっしょに使って効果アップ

より高い効果を期待するなら、部屋の中の空気を循環させることが大切なためです。実は、空気清浄機を使うだけでは完全にクリーンにはなりません。床に落ちた粉じんには効果がなく、人が歩くたびに花粉やホコリが舞い上がって、機器が浄化する前に人の肺に入ってしまうと言われています。

空気清浄機にはさまざまな機能やスペックがあるため、自分の生活習慣や部屋にマッチしたものを探しましょう。

性能は価格に比例するマッサージチェアの選び方

多くの方が一家に一台置いておきたいと思うもの、それがマッサージチェアです。高価な買い物ですが、1度買ってしまえばマッサージ店に行く分の元が取れるぐらいに使い続けられる一生ものの製品です。

望むクオリティによって値段が大きく変わる製品です

もっとも安い価格帯なら、5万円以下でも買えます。しかし、マッサージしてくれる部位・バリエーションが極端に少ないといった弱点があります。全身をケアしてくれる製品となると、10万円前後になります。価格が上がるほどほぐし方もテクニカルになり、最終的には30万円を超えるようです。

たくさんの機能の中から、自分に合ったものを選びましょう

1)マッサージできる部位
安い製品でも肩や背中、腰はこなしてくれるものが多いようです。より高価なもので行えるようになる腕や脚、足裏などは、予算との相談になるでしょう。

2)テクニック
クオリティの高いものは単に上下にこすられるだけでなく、もみや叩き、指圧、振動といった高度な技が追加されます。コンピューターを使った圧力制御や3D駆動、つかんで伸ばすなどによって、より人の手に近い動きをするようになります。

3)電動リクライニング
チェアの角度を自動で変えるものです。マッサージ中に立ち上がって手動で変えることは面倒だと思う方にオススメです。

4)キャスター
車輪でスムーズに移動できるものです。決まった場所におく必要がなくなり、普段は部屋の済みに置いておき、テレビを見る時に持ってくるといった使い方ができます。

5)タイマー機能
あまり長すぎるマッサージは身体に毒。マッサージ中うっかり寝てしまう方は、時間を指定して使うようにしましょう。

6)本体折りたたみ
コンパクトに収納できることで、スペースに余裕がない部屋にも置けます。

マッサージチェアの値段はピンからキリまであり、高ければ高いほどクオリティも優れている傾向があります。ぜひとも奮発して良いものをゲットし、日々の疲れをリフレッシュしていきましょう。

症状や部位で決める低周波治療器の選び方

「マッサージ屋に行きたいけど、時間やお金がない」、そのような方にぜひともオススメしたいものが低周波治療器気。自宅にいながら簡単にマッサージできます。

腰痛や肩こりに効きます

とても弱い電流を身体に流すことでマッサージする機械です。筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことでポンプのように血液が流れるようになり、結果として腰痛や肩こりが改善されます。

性能から見る製品の選び方

価格はもちろん大切ですが、自分にマッチした効果をもたらしてくれる商品を選ぶことにも気を付けなければなりません。

1)発振周波数
どれぐらいの間隔で電流を送るかの値で、数値によって効果が大きく変わります。50Hz未満は血行促進やこりに効き、それ以上は痛みに効くと言われています。強弱が調整できるものなら、幅広い症状をカバーできてなお良いでしょう。

2)対応している部位
肩にだけ使えるもの、脚にだけ使えるものとありますので、欠かさずチェックしましょう。これを無視して使うことは危険ですので控えましょう。

3)パットの種類、枚数
実際に身体に貼り付けるパーツです。長く使えるロングユースタイプ、肌からずり落ちない粘着タイプ、広範囲をカバーするジャンボタイプなどのバリエーションがたくさんあります。通常の2枚よりも少し高価になりますが、4枚の製品の方が範囲が広くなるためオススメと言われています。

安全に使うためのコツ

運動不足の方は長時間使わないようにしましょう。自分の意思を関係なく筋肉を動かす機器のため、疲れたり筋肉痛になったりすることがあるようです。最初は物足りないと感じても、弱い電流を短時間流すようにしましょう。

また、心疾患を持つ方や生理中の方は使ってはならない、怪我をしている場所や心臓部、頭部、陰部に使ってはならないなどの制約があります。必ずマニュアルを読み、正しく使うようにしましょう。

低周波治療器は腰痛や肩こりをマッサージしてくれる製品です。一台自宅にあるだけで、日々の疲れをいつでもリフレッシュできるはずです。

基本は上腕部で測るタイプの血圧計の選び方

健康のために食事や運動に気を遣っている方は、血圧計を買いましょう。日々の成果をチェックできる、とても優れた商品です。

日々の生活を見直せる製品です

血圧値を図ってくれる機器で、直接何かを改善してくれる機器ではありません。しかし、数値の変動が確認できることで、日々の生活習慣を見直すチャンスが得られます。何かあった時に医師にとって重要な情報になり、より適切な治療を受けやすくなります。

考えるべきは価格だけではありません

さまざまなメーカーが販売しているため、自分にマッチしたものが見つかるでしょう。ぜひとも以下のような項目を参考に探してみてください。

1)測定する部位
正確な値を知るためには、上腕部で測るタイプのものが良いとされています。これはさらに、帯を巻くものと管に腕を通すものの2種類に分けられます。前者の方がコストパフォーマンスに優れ、後者の方が簡単に正しく測定でき、耐用年数も長いという傾向があるようです。

手首や指で測るものもあり、携帯性という面でメリットがありますが、誤差が大きいと言われています。外出先で使うなどの特別な理由がない限りは、控えた方が良いでしょう。

2)測定できる周囲
極端に痩せているか肥満の方は、機器によっては正確に測れないことがあります。商品を選ぶ際は、あらかじめ手首や腕などの測定する部位の周囲を調べておきましょう。

3)メモリ機能
過去のデータを記憶してくれるもので、数値の変動を把握するためにも重要です。自分で記録することが面倒に思う方は、利用できる商品をチョイスしましょう。

他にも、正確に測れる手首の高さをガイドしてくれるもの、データをパソコンで管理できるものなど、バリエーションが豊富にあります。メーカーによって、測定方式がコロトコフ法とオシロメトリック法がありますが、大きな違いはないと言われています。

血圧計はバリエーションが豊富です。自分にマッチしたものを手に入れて、日々の生活を改善していきましょう。

ダイエッターとアスリートで変わる体組成計の選び方

健康に向けた努力を客観的に管理するためには、体組成計が必要です。ダイエットをしている方、筋トレをしている方はぜひとも使いましょう。

身体のありとあらゆる情報を測定してくれるものです

体重や体脂肪はもちろん、BMI判定や基礎代謝、身体年齢、筋肉率などが挙げられます。これらの項目は製品によって大きく異なるため、買う前にしっかりと吟味しておきましょう。

これを見て決めたい多彩な機能一覧

製品をチョイスする目安はとして、まずはコストパフォーマンスと測定項目に欲しいものがあるかが挙げられます。他にも、下記のようなさまざまな機能がありますので、自分にマッチしたものを選ぶようにしましょう。

1)部位別の体脂肪測定
脚やウエストといった場所ごとに数値を出してくれます。これにより、気になるところだけを集中的にシェイプアップできます。

2)アスリートモード
本格的に運動を行っている方には必須の機能です。アスリートは筋肉が多く骨格も違うため、一般の方とは電気抵抗が変わります。そのことが原因で、通常の体組成計ではただしく体脂肪が測れないという問題が起こります。

3)女性向けダイエットモード
生理周期からダイエットに適した日を算出してくれるようです。

4)過去メモリ
過去の測定値を製品の本体に記録してくれます。自分で記録することが面倒くさいという方にオススメの機能です。複数人を同時に管理できるものもあるため、可能な人数もいっしょにチェックしましょう。

5)データ転送
測定した値をパソコンやスマートフォンに移して、より管理しやすくしてくれます。SDカードを使ったもの、Bluetooth通信を使ったものなどのバリエーションがあるようです。

体組成計を使うことで、体重や体脂肪だけでなく、基礎代謝や筋肉率といったものまで知ることができます。このことから、ダイエッターだけでなくアスリートにも必須の機器です。自分に合った機能を持った製品をゲットして、快適な身体作りを行いましょう。