基本は上腕部で測るタイプの血圧計の選び方

健康のために食事や運動に気を遣っている方は、血圧計を買いましょう。日々の成果をチェックできる、とても優れた商品です。

日々の生活を見直せる製品です

血圧値を図ってくれる機器で、直接何かを改善してくれる機器ではありません。しかし、数値の変動が確認できることで、日々の生活習慣を見直すチャンスが得られます。何かあった時に医師にとって重要な情報になり、より適切な治療を受けやすくなります。

考えるべきは価格だけではありません

さまざまなメーカーが販売しているため、自分にマッチしたものが見つかるでしょう。ぜひとも以下のような項目を参考に探してみてください。

1)測定する部位
正確な値を知るためには、上腕部で測るタイプのものが良いとされています。これはさらに、帯を巻くものと管に腕を通すものの2種類に分けられます。前者の方がコストパフォーマンスに優れ、後者の方が簡単に正しく測定でき、耐用年数も長いという傾向があるようです。

手首や指で測るものもあり、携帯性という面でメリットがありますが、誤差が大きいと言われています。外出先で使うなどの特別な理由がない限りは、控えた方が良いでしょう。

2)測定できる周囲
極端に痩せているか肥満の方は、機器によっては正確に測れないことがあります。商品を選ぶ際は、あらかじめ手首や腕などの測定する部位の周囲を調べておきましょう。

3)メモリ機能
過去のデータを記憶してくれるもので、数値の変動を把握するためにも重要です。自分で記録することが面倒に思う方は、利用できる商品をチョイスしましょう。

他にも、正確に測れる手首の高さをガイドしてくれるもの、データをパソコンで管理できるものなど、バリエーションが豊富にあります。メーカーによって、測定方式がコロトコフ法とオシロメトリック法がありますが、大きな違いはないと言われています。

血圧計はバリエーションが豊富です。自分にマッチしたものを手に入れて、日々の生活を改善していきましょう。